大都会・東京を、寄り道しながらWaIking!!

大都会・東京を、寄り道しながらWaIking!!

世界104カ国語で読めるウェブマガジン

首都圏お散歩コース

Vol.14

乗り物でめぐる山下公園

s14_00_01_dscf0140_.jpg ホテルニューグランド本館2階ロビーから山下公園を望む。 s14_00_02_v_bayside1.png 2車両が連節したベイサイドブルーに乗って山下公園へ。 s14_00_03_img_8192.jpg 山下公園の噴水中央に立つ女性像「水の守護神像」。 s14_00_04_img_0151.jpg 山下公園通りの銀杏並木。秋の景観も素晴らしい。 s14_00_05_img_8168+.jpg 横浜マリンタワーの展望フロアから俯瞰する。 s14_00_07_img_8203+.jpg 山下公園から赤レンガ方面へ歩く。みなとみらいの眺望も抜群。

行きは連節バス、帰りはシーバス。横浜駅から発着する陸と海の人気の乗り物を使って、港・横浜を代表する臨海公園「山下公園」と周辺エリアをめぐる。

スタート

横浜駅東口(JR・私鉄・地下鉄)

ゴール

横浜駅きた東口(JR・私鉄・地下鉄)

歩行距離

約3km

歩行時間

約40分

コースの目安時間

3時間~4時間

コース順路

このコースのレポーター

Sasamo (ライター)

プロフィールへ

山下公園にはさまざまなモニュメントがいたるところにあります。開港時代を偲びながらコンプリートするのもご一興。公園と並行する公園通りの銀杏並木も素敵です。

コースガイド

港町情緒漂う横浜の代名詞、山下公園エリアの見どころをめぐる王道コースをお散歩。スタートは横浜駅東口。今回は数ある移動手段の中から、乗車定員113人の2両連節バス「ベイサイドブルー」を利用して山下公園へ向かいます。周辺には定番スポットが集中していて、コンパクトにまわることができるのもこのエリアの魅力。散策途中のひと休みにはホテルニューグランドのカフェがおすすめ。クラシカルな建築も見応えがあります。潮風を感じながら山下公園を気ままに過ごしたら、帰りはピア赤レンガ桟橋からシーバスに乗船して、横浜港を横切り、ゴールの横浜駅東口へ。地図を見てみると、移動距離はなかなかのものですが、水陸の乗り物を使うことでダイナミックなルートを楽しむことができます。

コースマップ

立ち寄りスポットガイド

❶ JR横浜駅東口 START!MAP

JR東海道本線・東京駅から横浜駅まで25分490円。
JR各線や地下鉄、私鉄が乗り入れるターミナル駅。今回は中央南改札か中央北改札を出て、東口のバスターミナルへ向かう。

東口バスターミナルの案内標識に従って歩く。

階段・エスカレーターを上り、A4番のりばを目指す。

❷ ベイサイドブルー乗車(横浜駅東口~山下公園前)MAP

ベイエリアの観光スポットをつなぐ連節バス

「みなと横浜を感じながら、移動を楽しむ」をコンセプトに、ベイエリアの新たな交通の軸として2020年に登場した連節バス。マットメタリックブルーのボディがひときわ目を引きます。運行ルートは横浜駅前(東口)A4番のりばから山下ふ頭まで。みなとみらい、山下エリア、中華街など、水際線沿いの主要な施設にアクセスできます。全長約18mのバスに乗車する体験そのものがとても新鮮に感じられるはずです。

ベイサイドブルーのりばご案内(横浜市交通局)

のりば案内

https://www.city.yokohama.lg.jp/kotsu/bus/norikata/baysideblue.html#8D74E

ベイサイドブルーは前乗りで、中扉か後扉から降りる。

後部車両には4人用のボックス席がある。

バスを連節するジャバラ部分。不思議な空間に見える。

カーブでくの字に曲がる瞬間など、乗務員の運転技術には脱帽。

ベイサイドブルー

電話

045-671-3211(横浜市交通局)

料金

1回乗車220円(現金・交通系ICカード)

運行時間帯

10時台~19時台(平日)、9時台から19時台(土休日)時刻表はHPでご確認ください。概ね2便/時

HP

https://www.city.yokohama.lg.jp/kotsu/bus/norikata/baysideblue.html

Sasamo’s PICK UP

「みなとぶらりチケット」でお得に周遊
適用エリア内の市営地下鉄・バス、神奈中バスが1日乗り放題になる「みなとぶらりチケット」(大人700円/小児350円)は、横浜ベイエリアを中心とした観光に便利な1日乗車券。みなとみらい、横浜中華街、横浜赤レンガ倉庫などの人気スポットに快適にアクセスできるほか、チケット提示で約120の施設や店舗で割引などの特典サービスがあります。また、適用区間が拡大する「みなとぶらりチケットワイド」(大人750円/小児380円)も。事前購入可能なデジタル版(my route・Klook)なら、電子チケットでスムーズに乗車できるのでぜひ利用してみて。
【TEL】045-671-3211(横浜市交通局)

「みなとぶらりチケット」特典サービスご案内

特典

https://www.city.yokohama.lg.jp/kotsu/bus/unchin/tokuten.html

❸ ホテルニューグランド「コーヒーハウス ザ・カフェ」MAP

伝統あるクラシックホテルのカフェでひと休み

1927年に開業した日本を代表するクラシックホテル。本館ロビーには精巧な装飾や横浜家具が配され、古きよき時代の雰囲気が漂います。山下公園に面した「コーヒーハウス ザ・カフェ」は洋食の名店でもあり、歴代の料理長によって考案されたナポリタン、ドリア、プリン・ア・ラ・モードが味わえます。これらはすべてホテル発祥のメニュー。ティータイムから食事まで幅広く利用でき、ホテル発祥のメニューを目当てにカフェを訪れる人があとを絶ちません。

本館の1階と2階をつなぐ重厚な大階段。

見た目も華やかなプリン・ア・ラ・モード2024円。

幾何学的な植え込みの中央に噴水を配した本館のパティオ。

世界のVIPに愛されてきた重厚な石造りの本館。

コーヒーハウス ザ・カフェ

住所

神奈川県横浜市中区山下町10

電話

045-681-1841(ホテルニューグランド)

時間

10:00~21:30(L.O. 21:00/コースはL.O. 20:30)
※11:00~14:00はお飲物のみの利用不可

交通

みなとみらい線元町・中華街駅から徒歩1分

HP

https://www.hotel-newgrand.co.jp

❹ 横浜マリンタワーMAP

展望フロアからハーバービューを満喫する

1961年の開業当時は日本で最も高い灯台として機能した展望台でした。ガラス張りのエレベーターで高さ94mと91mの2層の展望フロアへ到着すると横浜一帯が一望でき、気象条件によっては富士山や房総半島が望めます。2022年のリニューアルで、アート展示スペースや横浜ゆかりの書籍などが揃うラウンジが誕生。街や人と触れ合えるオープンな空間で過ごし方もより自在に。緑化された壁面が印象的な低層階には人気のカフェやレストランも。

全長106m、10角形のタワー。展望フロアは29階・30階。

タワー1階には、画家・山下清が描いた横浜のモザイク壁画がある。

360 度の大パノラマで、みなとみらいから横浜港まで一望できる。

地上が透けて見えるガラス床がスリリング。

横浜マリンタワー

住所

神奈川県横浜市中区山下町14-1

電話

045-664-1100

休業

無休(メインテナンスで休館の場合あり)

料金

展望フロアチケット1000 円~(曜日、時間によって異なります)

時間

展望営業時間10:00~22:00 飲食店は各ホームページをご確認ください

交通

みなとみらい線元町・中華街駅から徒歩1分

HP

https://marinetower.yokohama/

❺ 日本郵船氷川丸MAP

多くの著名人も乗船した豪華貨客船

1930年、貨客船として竣工。1961年から山下公園前に係留保存され、横浜港のシンボルとして親しまれています。アール・デコを基調とした豪華な内装の一等社交室、機関室、操舵室など、往時の雰囲気が保たれた船内も見応えあり。2016年には戦前の日本で建造され現存する貨客船として、国の重要文化財に指定されました。

土・日・祝日はオープンデッキを開放(10〜16時)。

アール・デコ装飾が美しい一等船客専用のダイニングサロン。

機関室では現役当時のままのエンジンを見学できる。

船の総司令室である操舵室。後部には無線室がある。

日本郵船氷川丸

住所

神奈川県横浜市中区山下町山下公園地先

電話

045-641-4362

休業

月曜日(祝日の場合は開館、翌平日休館)

時間

10:00~17:00 ※入館は16:30まで

料金

一般300円、シニア(65歳以上)200円、小中高生100円

交通

みなとみらい線元町・中華街駅から徒歩3分

HP

https://hikawamaru.nyk.com

❻ 山下公園MAP

みなと横浜を象徴する海沿いの公園

日本初の臨海公園。岸壁には日本郵船氷川丸が係留され、園内には赤い靴はいてた女の子像をはじめ、世界各国から寄贈されたオブジェや記念碑などが点在。季節ごとの花が楽しめる沈床花壇では春と秋にバラが最盛期を迎え、訪れる人を楽しませてくれます。広々とした芝生広場や、横浜港に沿って約700m続く園路にはベンチもあり、散歩やひと休みにうってつけです。

手入れの行き届いた庭園から日本郵船氷川丸を望む。

横浜港が舞台の童謡『赤い靴』に登場する女の子の銅像。

ZANGIRIと刻まれた西洋理髪発祥之地碑。

広い芝生の広場。この日は停泊中の豪華客船も間近に。

山下公園

住所

神奈川県横浜市中区山下町279

電話

045-671-3648(横浜市都心部公園担当)

交通

みなとみらい線元町・中華街駅から徒歩3分

❼ 山下臨港線プロムナードMAP

廃線跡の面影を残す開放的な遊歩道

横浜ハンマーヘッドや横浜赤レンガ倉庫などがある新港地区と山下公園を結ぶ約500mの遊歩道。大さん橋側の入口から立体遊歩道へ続く坂道をのぼれば、横浜港や歴史的建造物、みなとみらいの景色が広がります。新港橋には廃線になった山下臨港線のレールがそのまま利用され、当時を偲ばせます。

山下公園内のインド水塔からすぐのところに案内標識がある。

廃線跡の面影を残す新港橋。

目の前に見えるのが横浜税関、通称クイーン。

ピア赤レンガ桟橋周辺にある芝生の広場。

❽ シーバス乗車(ピア赤レンガ~横浜駅東口)MAP

横浜の観光名所をミニクルーズ気分で巡る

横浜駅東口から山下公園までを結ぶ水上バス。現在、山下公園桟橋はリニューアル工事中ですが、直行便のほか、横浜ハンマーヘッドに立ち寄る経由便があり、海上から主要スポットにダイレクトでアプローチできます。注目したいのは船内の大きな窓から水面と同じ目線で見るハーバービュー。単なる移動手段としてだけでなく、気軽なクルージングとしても人気があり、リピーターが多いのも納得です。

ピア赤レンガ〜横浜駅東口は直行便で約15分。

客室部の座席と水面との距離が近く、迫力満点。

潮風が心地よい開放的な後部デッキ。

横浜駅東口のりばは横浜ベイクォーターの2階にある。

シーバス

電話

050-1790-7606(ポートサービス予約センター)

料金

横浜駅東口〜ピア赤レンガ800円 その他の乗船料はHPでご確認ください

時間

運航ダイヤはHPでご確認ください

休業

なし

HP

http://www.yokohama-cruising.jp/

❾ JR横浜駅きた東口 GOAL!MAP

JR東海道本線・横浜駅から東京駅まで25分490円。

ベイクォーターウォークを渡り、横浜駅きた東口へ向かう。

横浜駅きた東口。JR線・私鉄、地下鉄へとアクセスできる。

立ち寄りショップガイド

S.Weil by HOTEL NEW GRANDMAP

4月29日にオープンしたホテルニューグランド直営ショップ。従来のホテルメイドの商品に加え、ロールケーキ「モカルーロ」も新登場。オリジナルコーヒーはテイクアウトもOK。

マリンタワーショップMAP

廃版となって廃棄される海図(海で使われる地図)グッズやマリンタワーオリジナルグッズ、横浜市認定のヨコハマ・グッズ「横濱001」など、横浜にまつわるフード系みやげや雑貨などが豊富に揃う。